2015年10月10日

MG νガンダム ver.ka 製作【ガンプラ製作代行依頼 進捗報告1】

tanizouです

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より「MG νガンダム ver.ka」の製作代行依頼の進捗報告です
K様、ご依頼および、WEB公開の許可ありがとうございました。

今回のオーダーは
基本工作に加え、オプションで

・ヒケ・パーティングラインの処理
・水転写シールの張り付け

をいただいております

本日は、胴体・バックパックまで完成させました。

νガンダムver (1).jpg

νガンダム ver.ka とは 〜ウィキペディアより転載〜

作中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、主人公「アムロ・レイ」が自ら設計した専用機。歴代作品に登場するガンダムタイプMSの技術を結集させた高性能機で、設計当初から「ニュータイプ」(超常能力者の一種)用に開発された初のガンダムでもある。白と黒を基調としたカラーリングで、左背にマントのように装備された6基の遠隔操作式ビーム砲台「フィン・ファンネル」を外観上の特徴とする。

ガンダムフロント東京の映像施設DOME-Gで公開されている映像用にカトキハジメによってリファインデザインされ、後にプラモデル『MG νガンダム Ver.Ka』として立体化され発売された。基本的にDOME-Gの映像が3DCGという事から、同じ3DCG作品であるGUNDAM EVOLVE5のνガンダムのデザインをベースとしてデザインされている。装甲がスライドし各種に散りばめられたフルサイコフレームが露出する、「サイコフレーム発動状態」が存在する

続きを読む
posted by at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

HG ガンダムバルバトス 改造/改修【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 完成品】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より「HG ガンダムバルバトス」が完成しました

スミ入れ、パステルシャドウのほか、
濃色のパーツ・フレームパーツに対し、シルバーでドライブラシを施し、メタルパーツの取り付けを行っています。

バルバトス (23).jpg

続きを読む
posted by at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

HG ガンダムバルバトス 製作【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 2日目】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より「ガンダムバルバトス」の製作2日目です
本日素組まで作成します。

バルバトス (15).jpg


続きを読む
posted by at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

HG ガンダムバルバトス 製作【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 1日目】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より「ガンダムバルバトス」の製作1日目です
本日胴体・頭・脚まで作成します。

バルバトス (1).jpg


ガンダムバルバトスとは 〜ピクシブ百科事典より〜

300年前の「厄祭戦」と呼ばれる大戦で運用された72機のガンダム・フレーム採用機の内の一機。型式番号ASW-G-08。 
厄祭戦終結後、火星の砂漠でマルバ・アーケイに発見され、民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)の基地動力源として用いられてきたが、武力組織ギャラルホルンのCGS襲撃に際して三日月・オーガスらCGSの少年兵達が急遽起動させ、以降はオルガ・イツカを中心にCGSの少年兵達が組織した「鉄華団」の中心戦力となる。 
バルバトスはガンダム・フレームの中でも汎用性に重点を置いた調整が行われており、各種兵装を換装し、あらゆる環境に適応出来る可能性を秘めている。 
操縦には有機デバイスシステムによる交感を必要とし、これによって網膜投影システムといった恩恵が受けられる反面、搭乗者にはシステムを体内に埋め込む外科施術が必須となる。 
機体本体に固定武装は無く、兵装はメイス、太刀、長距離滑腔砲などの量産流通品やジャンク品を携行して使用する。 
これらの装備はバックパックにマウントされ、展開式アームでスムーズにマニピュレーターに持たせることが可能。

続きを読む
posted by at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

HGUC ケンプファー 改造/改修【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 完成品】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」より「HGUC ケンプファー」が完成しました

スミ入れ、パステルシャドウのほか、

濃色のパーツに対し、シルバーでドライブラシを施し、メタルパーツの取り付け、さらにモノアイの可動化・Hアイズ化を行っています。

ケンプファー (18).jpg

続きを読む
posted by at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

HGUC ケンプファー 改造/改修【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」より「HGUC ケンプファー」の改造/改修を行います
今回の改造/改修は、@モノアイの可動化 AモノアイのHアイズ化です

ケンプファー (1).jpg

ちなみに、すでに素組は完成しております
製作工程などは、いろんなブログで紹介されておりますので
そちらをご参照いただければと思います
ケンプファー (2).jpg


続きを読む
posted by at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

ドライブラシのやり方 【初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

ご訪問ありがとうございます
tanizouです

本日は、初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニックとして
「ドライブラシのやり方」をお伝えします。

ドライブラシ塗装というのは、筆に付けた塗料をティッシュなどでふき取り、カサカサに乾燥させキット表面に薄くこすりつけるようにして着色する塗装方法です。
そうすることで、キットの凸部分を中心に塗料がうすく付いて、立体感や使い込まれた感じが表現できます。

νガンダムHWS (33).jpg

続きを読む

2015年09月26日

HGUC プロトタイプグフ 戦術実証機 改造/改修【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 完成品】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム The ORIGIN」より「プロトタイプグフ戦術実証機」が完成しました

スミ入れ、パステルシャドウのほか、

濃色のパーツやフレームに対し、シルバーでドライブラシを施し、
メタルパーツの追加などの改造・改修を行っています。

ドライブラシのやり方はこちらから

プロトタイプグフ戦術実証機 (11).jpg

続きを読む
posted by at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

HGUC プロトタイプグフ 戦術実証機 製作【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 2日目】


ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム The ORIGIN」より「プロトタイプグフ戦術実証機」の製作2日目です
本日は素組まで作成します。

プロトタイプグフ戦術実証機 (25).jpg

続きを読む
posted by at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUC プロトタイプグフ 戦術実証機 製作【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 1日目】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム The ORIGIN」より「プロトタイプグフ戦術実証機」の製作1日目です
本日胴体から頭まで作成します。

プロトタイプグフ戦術実証機 (1).jpg


プロトタイプグフとは 〜wikipediaより転載〜

陸戦用ザクIIをベースに開発された試作機。

モノアイレールはMS-07Bでは前方のみだが、YMS-07Aは後方にもあり、全周型になっている。背部のメインスラスターノズルは3基搭載されている。両手が通常のマニュピレーターとなっており、ザク・マシンガンとヒートホーク、シールドを使用できる。コクピットブロックは角ばった形状で、ザクと同じく両脚の動力パイプが露出している。

複数が完成しており、3号機以降の機体は5連装マシンガン、ヒートロッドなどの固定装備が増設された。この時点で外観の整理が行われ、すでに量産型と外観上の差異もない。

2号機までの仕様をYMS-07A、3号機以降はYMS-07Bとされるが、3号機以降も1〜2号機に加えYMS-07A仕様の機体は少なくとも1機以上が増産されている



続きを読む
posted by at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする