2015年12月02日

HG 百錬(ヒャクレン) 改修/改造【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 完成品】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より「百錬(ヒャクレン)」が完成しました

濃色パーツに対しドライブラシをかけ
単色パーツにはパステルでシャドウをかけています
また、丸モールドをメタルパーツ化しています

ドライブラシの方法はこちら
パステルシャドウの方法はこちら

百錬 (12).jpg





スポンサーリンク




全身をぐるりと。

百錬 (10).jpg
百錬 (21).jpg
百錬 (11).jpg

肩と腰にボリュームがあり、ひざ下からスッと細くなる独特のスタイル。
どこかしら、”武士””和”を感じさせます

肩・太腿・脛に合わせ目が出ますが
表面処理と、パステルシャドウでうまくごまかせているかと思います


今回の改修箇所です

百錬 (19).jpg
・サイドアーマーの丸モールドに1.5oのメタルパーツを埋め込み
・サイドスカートの丸モールドに1.5oのメタルパーツを埋め込み
・脹脛の丸モールドに0.7oのメタルパーツを埋め込み

百錬 (20).jpg
・武装の丸モールドに1.5oのメタルパーツを埋め込み
・前腕部の凸丸モールドを削り、その部分に1.5oのメタルパーツを埋め込み
・肩パーツの丸モールドに0.8oと1.5oのメタルパーツを埋め込み


ポージングを何枚か

百錬 (13).jpg
実体剣を逆手持ち。
若干手甲パーツがはずれやすいので、実体剣の保持力はいまいちです。

百錬 (14).jpg
百錬 (16).jpg
腰やひざ・肘の可動は文句なしです
股関節も可動範囲は広いはずなのですが、大きなサイドスカートが干渉します。

百錬 (15).jpg

肩の関節は、その構造上制限が出ます
肩アーマーが外に跳ね上がることで、可動範囲を確保していますが、
それでも平行以上には上がりません。
また、腕のロール回転も、パーツが干渉するため相当に制限が出ます。

百錬 (17).jpg
ナックルガードを装備して
肘の可動範囲が広いので、ファイティングポーズもお手の物です

百錬 (18).jpg
腰の回転もかなり広いので、殴りつけるポージングも決まります。
今回は撮影していませんが、斬撃ポーズもきれいにはまると思います


百錬 (12).jpg

本日は以上になります
その独特のスタイリングが特徴的な百錬。
パーツの色分はほぼ完ぺきです。
部分塗装が必要な部分(前腕関節部分のホワイト等)がありますが
部分塗装を施さなくても十分見栄えがします

しかし一方で、最近のガンプラには珍しいぐらい、合わせ目が目立ちますので
それなりに工夫が必要になってきます。

いずれにしても、百里の異様さに負けないくらい存在感のあるキットでした

長文ご拝読ありがとうございます


スポンサーリンク








【お知らせ】
ガンプラ製作代行始めました
お値段はヤフオクでの落札価格を参考に、抑えめの設定をしております。

HG:3000円〜 HG以外:5000円〜
また、基本料金+オプション追加制なので、わかりやすい価格体系になっています。

ガンプラが欲しいけど作る時間がない方
ガンプラが欲しいけどうまく作れる自信がない方

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ下記のリンクよりご訪問ください。









posted by at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック