2015年11月28日

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方 【初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです


本日は、初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニックとして
「新規モールド(スジ彫り)の掘り方」をお伝えします。

既存モールドに対して堀直しを行う方法は
過去に投稿していますので、こちらをご参照ください。

HGは一般的にディティールが簡素になっていますので
大きなパーツなどは、少し物足りない印象になります
そこで、新規モールドを追加し、密度感とリアル感を出します


新規のモールドを追加した例がこちらになります
νガンダムHWS (50).jpg
νガンダムHWS (70).jpg

この新規モールド追加に使用している道具はこちらになります





スポンサーリンク




■ラインチゼル

表面を削るように、ラインを加えていくための道具です
ケガキ針とは違い、より正確に深く溝を掘ることができます

スケールに合わせて、0.1mm〜刃のサイズを選べます
1/144ならば、0.15oか0.2oがぴったりだと思います。

私は0.15oの刃を愛用しています






■ケガキ針
ライチゼルで掘る前のガイドラインをこれで引きます。
使用感などはこちらをご参照ください





■ガイドテープ
スジ彫り用のガイドテープです
薄いプラ板の片面が粘着テープになっています。

通常のテープより厚く、硬度が高いため
しっかりとガイドしてくれます

正直これがなかったら、まともにラインを削ることができません





実際の工程をご紹介します。


νガンダムHWS (17).jpg
まずは、シャープペンなどで、スジ彫りを追加したい場所に
大腿のラインを引きます。
上の写真ですと、膝装甲、脛装甲、脹脛のスラスターカバーにラインを引いています

正確にラインを引く必要はありません
あくまでも目安です。


νガンダムHWS (18).jpg

続いて、先ほど引いたラインに沿って、ガイドテープを張り付けていきます
今回使っているガイドテープは、多少の曲面ならば、しっかりくっついてくれます。

このガイドテープに沿ってスジ彫りを行うのですが
いきなりラインチゼルを使わずに、
ケガキ針で、軽くけがいた方が、失敗が少ないです
ケガキ針で作られた浅い溝によって、ラインチゼルの刃先がぶれにくくなります

νガンダムHWS (19).jpg
同じ場所を何度かに分けて掘った結果がこちらです
きれいなラインが引けているかと思います。

深く掘れば掘るほど、はっきりとしたモールドになります。
スミ入れ後も、くっきりとした色になります。

今回は、1か所につき5回ラインチゼルで掘りました
力の入れ具合や、モールドのはっきり度合の好みにより
その回数は変わるかと思いますので、何度か練習してみてください

νガンダムHWS (20).jpg
右が新規モールド追加後です


本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました


スポンサーリンク








【お知らせ】
ガンプラ製作代行始めました
お値段はヤフオクでの落札価格を参考に、抑えめの設定をしております。

HG:3000円〜 HG以外:5000円〜
また、基本料金+オプション追加制なので、わかりやすい価格体系になっています。

ガンプラが欲しいけど作る時間がない方
ガンプラが欲しいけどうまく作れる自信がない方

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ下記のリンクよりご訪問ください。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック