2015年11月24日

HG 百錬(ヒャクレン) 製作【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 1日目】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より「百錬(ヒャクレン)」の製作1日目です
本日は頭から胴体まで完成させます

百錬.jpg


百錬とは 〜ピクシブ百科事典より〜

木星圏に於いてテイワズとその下部組織によって運用されている主力汎用型モビルスーツ。 
主なパイロットはアジー・グルミン、アミダ・アルカ等。 
一般機は青を基調としたカラーリングで纏められているが、アミダ機はピンクを主としたパーソナルカラーで彩られている。 

厄災戦後期に開発されていた高出力機の設計図を入手したテイワズの技術者たちがこれをベースとして長い年月をかけて完成させた機体であり、エイハブ・リアクターは古戦場から発掘した物を転用している事から完全なテイワズ製という訳ではないが、ギャラルホルン以外でモビルスーツの独自開発に初めて成功した機体である。 
しかし、モビルスーツのフレーム開発はそのノウハウが失われて久しい事もあって困難を極めており、百錬も生産ラインが整っておらず、稼働している機体は44機のみと少ない。 
しかし、モビルスーツの戦闘能力はそれ自体が抑止力として機能する為、これを保有するテイワズの力の象徴として木星圏では認知されている。 
また、機体のデータはテイワズ内で共有されており、システム面のアップデートも随時行われている。 

活動環境に左右されないバランス型の機体ではあるが、アステロイドベルトやデブリ帯での運用にも対応しており、機体重量を敢えて上げることでデブリ衝突時に発生する衝撃に対して耐性を持つ。 
モビルスーツ戦ではその特徴を生かした近接格闘戦で真価を発揮し、百錬2機と機動性に優れた百里1機による小隊編成がタービンズに於けるモビルスーツ部隊の基本編成となっている。






スポンサーリンク









■胴パーツ

百錬 (1).jpg
バックパックのない珍しいデザインです
その分パーツ数が少なく、サクサク組んでいけます
目立った合わせ目はありませんが
薄い水色のパーツの脇に合わせ目が発生します。

なお、この水色のパーツは非常に白化しやすいです
ランナーから切り離す際は慎重に作業してください

百錬 (2).jpg
胸の真ん中の黄色い▼はシールによる塗り分けです
部分塗装してもいいかもです

■頭パーツ・腰パーツ
百錬 (4).jpg
百錬 (3).jpg
頭パーツはモナカ割りの3パーツです
ガッツリと合わせ目が目立ちます。
ここは段落ちモールド化して、合わせ目をごまかします

腰パーツはパーツ数が多い分塗り分け自体はばっちりです
丸モールドが多いので、後程メタルパーツに置き換えたいと思います

百錬 (5).jpg
サイドアーマーのボリューム感が特徴的なシルエットです

本日は以上になります
長文ご拝読ありがとうございました


スポンサーリンク









【お知らせ】
製作代行始めました。HG 3000円〜 RG/MG/RE 5000〜 承ります
詳しくは、下記のブログをご覧ください

http://gumpla-daikou.seesaa.net/article/417909970.html







posted by at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430194057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック