2015年09月26日

HGUC プロトタイプグフ 戦術実証機 改造/改修【初心者がヤフオクで売るためのガンプラ製作 完成品】

ご訪問ありがとうございます

tanizouです

「機動戦士ガンダム The ORIGIN」より「プロトタイプグフ戦術実証機」が完成しました

スミ入れ、パステルシャドウのほか、

濃色のパーツやフレームに対し、シルバーでドライブラシを施し、
メタルパーツの追加などの改造・改修を行っています。

ドライブラシのやり方はこちらから

プロトタイプグフ戦術実証機 (11).jpg


スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7471512482374667"
data-ad-slot="3076960234">



プロトタイプグフ戦術実証機 (2).jpg
プロトタイプグフ戦術実証機 (4).jpg
プロトタイプグフ戦術実証機 (12).jpg
リアルスティックデカールが多数付属しますが、ポイント程度にしか使用していません


■改造・改修ポイント
プロトタイプグフ戦術実証機 (15).jpg
胸周りに、0.8mmのメタルパーツを6個取り付け。またラピーテープによるディティールアップ
サイドスカートのフロント側に、左右1ずつ0.8mmのメタルパーツを取り付け
バックパック下部、リアスカートに0.8mmのメタルパーツを2こずつ取り付け

プロトタイプグフ戦術実証機 (13).jpg
シールド上部に0.8mmのメタルパーツを2こ取り付け
ショルダーアーマーに1.2mmのメタルパーツを2こ取り付け
前腕部先のモールドを、メタルパーツ化(0.8mm×4)
フィンガーバルカンの親指部をセンサーに見立て、ラピーテープでディティールアップ

プロトタイプグフ戦術実証機 (14).jpg
脛部分と、膝裏部分に1.2mmのメタルパーツを2こずつ取り付け
太腿に0.8mmのメタルパーツを2こずつ取り付け


プロトタイプグフ戦術実証機 (8).jpg
ヒートロッドは軟質素材なので、自在に表情をつけることが可能です
膝、ひじの可動は申し分ないのですが、
股関節は、スカートが干渉し、開脚・蹴りだしに制限が出ます

プロトタイプグフ戦術実証機 (7).jpg
腰および首が前後に稼働するので、箱絵っぽいポージングも楽々です
しかし、足首の可動がよくないので、接地性はいまいちです

プロトタイプグフ戦術実証機 (9).jpg
個人的には、右手のアタッチメントのドライブラシがうまくいったと満足しています。
右手は、ヒートホークの持ち手のほか、平手も付属しますが
肉貫がひどく、かなり残念な作りになっています

以上になります。

障害初めてのグフ製作なので、旧キットとの比較などはできませんが
合わせ目も少なく、非常に作りやすいキットでした。
HGにしては多いモールドや、リアルスティックデカールのおかげで、
スミ入れ+トップコートだけでも、非常にかっこよく仕上がるお手軽感があります

しかし、スカートの干渉による股関節可動の制限や
左手の大胆な肉貫など、もう少し何とかしてほしい部分があるのも確かです。

ただ、プロポーションがよく、立ち姿が様になりますので、
可動部分のマイナスはあまり気にならないかもしれません。

初めてのジオン系キットとしては十分おすすめできるキットです

長文ご拝読ありがとうございました


スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7471512482374667"
data-ad-slot="3076960234">




【お知らせ】

製作代行始めました。HG 3000円〜 RG/MG/RE 5000〜 承ります

詳しくは、下記のブログをご覧ください









posted by at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426706307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック