2015年04月23日

パステルシャドウのやり方 【初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ製作テクニック】

ご訪問ありがとうございます
tanizouです



今回は、初心者のためのガンプラ制作テクニックの第10弾として、
 「パステルシャドウ」をご紹介します


パステルシャドウの定義は色々あるようですが、
tanizouの行うパステルシャドウは、

「黒いパステルで、パーツのエッジを黒く強調する」

作業を指します。
実際にパステルシャドウを施したパーツを見ていただければご理解いただけるかと思います

写真 2015-04-12 10 41 27.jpg

エッジを黒くすることで、より輪郭が強調されて
シャープなイメージになっているかと思います。



では、実際の作業の仕方をご紹介します。


スポンサーリンク










使用する道具は以下の物です

・黒いパステル
 色々試しましたが、100均のパステルはパーツにうまく付着しないので、使いにくいです
 画材屋さんやLOFTで販売している、1本100円のまともなパステルを使用してください。

 ちなみに私が使っているパステルはこちらです


ヌーベルカレーパステル6本組 ブラック NCT#010
ヌーベルカレーパステル6本組 ブラック NCT#010

・綿棒
 ドラッグストアなどで販売している「ベビー用綿棒」が使いやすいです。
 100均の綿棒は、撚りが甘く、非常に使いにくいのでお勧めしません



@綿棒にパステルをこすりつける

 パステルに直接綿棒をこすりつけて、パステル粉を綿棒に付着させてください。
 買ったばかりのパステルは、表面がつるつるしているので、
 一度ペーパーで表面をざらつかせるとうまく付着します
写真 2015-04-12 10 30 33.jpg
写真 2015-04-12 10 32 21.jpg


 他サイトでは、パステルをやすりで粉状にしてから、
 綿棒に付着させる方法をとっていますが、
 作業場所や指先が非常に汚れますし、
 汚れがパーツに着くと後々面倒です。

 tanizou流のやり方をお勧めします


A余分なパステル粉を落とす

 綿棒に着いた余分なパステル粉を、予め落としてください。
 余分なパステル粉が付いていると、失敗する可能性が高まります
 ティッシュに、トントンと叩くようにこすると、いい感じに落ちます。

写真 2015-04-12 10 32 51.jpg


Bエッジにこすりつける

 パーツのエッジに対して、45度の角度をイメージしながら
 綿棒の側面を使ってこすりつけます

写真 2015-04-12 10 34 55.jpg

 均一にこすりつける事に主眼を置かずに、
 できるだけ「シュッシュ」といった感じで
 リズミカルに何度もこすりつけた方が、うまくいきます。

 その時、力はあまり入れずに、なでつけるイメージで
 パステル粉をこすりつけてください

写真 2015-04-12 10 35 31.jpg

 これくらいパステルが付着すればokです


失敗した場合は、ウエットティッシュ(濡らしたティッシュでもok)でふき取ってください
ふき取り後は、乾燥したティッシュで水分をしっかり取り除いてください。
水分が残っていると、ムラができてひどい出来になります…

エッジだけでなく、モールドにパステルシャドウを施すのも有効です。
その際は、綿棒の先端を使用してパステルをこすりつけると、作業しやすいと思います


すべてのエッジにパスエルシャドウを施した画像がこちらになります

写真 2015-04-12 10 41 27.jpg


いかがでしょうか
一見難しそうに見えますが、
数回練習するだけで習得できます。
リカバリーも簡単なので、ぜひトライしてみてください。


長文ご拝読ありがとうございました


スポンサーリンク










【お知らせ】
ガンプラ製作代行始めました
お値段はヤフオクでの落札価格を参考に、抑えめの設定をしております。

HG:3000円〜 HG以外:5000円〜
また、基本料金+オプション追加制なので、わかりやすい価格体系になっています。

ガンプラが欲しいけど作る時間がない方
ガンプラが欲しいけどうまく作れる自信がない方

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ下記のリンクよりご訪問ください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417752680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック