2015年04月06日

【初心者にお勧め】ガンプラ作製に使っている道具紹介F 「スミ入れ用マーカー編」

ご訪問ありがとうございます
tanizouです


今回は、【初心者にお勧め】ガンプラ制作に使っている道具紹介の第7弾として 
「スミ入れ用マーカー」をご紹介します

写真 2015-02-16 23 41 39.jpg

スミ入れとは、
設定上のパーツ分割線等に施されているミゾ(モールド)に
黒、グレーなどの塗料を塗ることで、その陰影をはっきりさせ、
よりリアルな仕上げにすることです



スポンサーリンク







こちらが、スミ入れ前とスミ入れ後の比較になります

写真 2015-03-26 22 34 32.jpg


tanizouはスミ入れに、6本のマーカーを使っています


●油性マーカー

流し込みタイプ 黒&グレー

写真 2015-02-16 23 42 02 (1).jpg


ペンタイプ 黒&グレー

写真 2015-02-16 23 41 50.jpg


●水性マーカー

筆ペンタイプ 黒&グレー

写真 2015-02-16 23 42 13.jpg




この6本を状況に応じて使い分けています

■スミ入れする場所によって使い分け

既存のモールドには流し込みタイプを、
堀直し・新規作成のモールドにはペンタイプを使用しています
流し込みタイプは毛細管現象を利用しているため、ケガキ針で掘ったモールドとの相性が悪いためです


■パーツの成形色によって使い分け

濃色のパーツ…黒を使用
淡色のパーツ…グレーを使用

白や黄色のパーツにはグレーを、グレーや青いパーツには黒を使用しています。
tanizouは、赤いパーツにも黒(時々グレー)を使用していますが、
一般的には、茶色を使用する方が多いようです。


■パーツの材質によって使い分け

これは要注意です!

RG等に良く使用されるABS製のパーツに、油性マーカーを使用すると
高確率でパーツが割れます!
ABS樹脂製のパーツには、水性マーカーを使用します。

写真 2015-02-07 22 52 23.jpg


これは、RGウイングゼロEWの羽を支える支柱パーツに対し、
油性の流し込みタイプのマーカーを使用したために
パーツが破損してしまった時の画像です
事前に材質を確認しなかった事が原因です。

パーツの材質は、説明書のランナー一覧に記載されていますので
制作前に熟読しておきましょう。



■マーカーの色の濃淡によって使い分け

●黒の濃度

 濃 油性流し込みタイプ
 ↑
 ↑ 油性ペンタイプ
 ↑
 淡 水性筆タイプ

●グレーの濃度

 濃 油性ペンタイプ
 ↑
 ↑ 油性流し込みタイプ
 ↑
 淡 水性筆タイプ

グレーのペンタイプは、黒の筆タイプより、濃い色が出ます。


スミ入れ自体は非常に簡単な作業です。
仮に、失敗したと思っても、すぐにリカバリーすることができます。

ただ、よりキレイにスミ入れしたい場合にはちょっとした工夫が必要になります
美しくスミ入れを行う方法についてはこちらの記事をご参照ください

初心者のための、ヤフオクで売るガンプラ制作テクニックG 「スミ入れのやり方」(未投稿)




長文、ご拝読いただきありがとうございました


ガンダムマーカー流し込みスミ入れペン6本セット
ガンダムマーカー流し込みスミ入れペン6本セット

クレオス ガンダムマーカー スミ入れ用(ブラック) GM01
クレオス ガンダムマーカー スミ入れ用(ブラック) GM01

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416835251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック